・作曲者一覧はこちら



ハイドン総合スレッド5
438 :名無しの笛の踊り 2008/11/16(日) 06:32:53 ID:xKbatg0D
鰤のハイドン箱は、宗教曲が弱いのが残念だな。少なくとも、ミサ曲とカンタ
ータなどの主要な作品は(新録音で)網羅して欲しかった。モーツァルト箱、
バッハ箱などで宗教曲を大量に録音しているマットあたりがやってくれると思
っていたのだが。続編もあるそうなので、期待したい。


463 :名無しの笛の踊り 2008/11/22(土) 20:45:12 ID:0Pm7A+jB
鰤の150箱が届いた。
ベルニウスのミサ曲とかリラやフォルテピアノの協奏曲集とか、想像していた
以上に面白い内容に満足。
さっそく、バリトン・トリオを1番から聴いてみるか。



ハイドン総合スレッド6
958 :名無しの笛の踊り 2009/07/31(金) 11:45:29 ID:MS8vQy43
>>956-957
まあ俺も日本の平均的なクラオタで、器楽は好きだが声楽は
どちらかというと苦手(歌詞がわかんないしw)なんだが、
150CDのミサやオラトリオを聞いて、何というか1790年代に
いわゆる古典派からロマン派に音楽が変化していく様が
体感できたようで、すんごく良かったな。

音楽の友の解説全集などにもあるけど、交響曲を書き終わった後の
ハイドンはシンフォニックな作曲衝動を声楽つきのミサやオラトリオに
ぶつけていくようになった。その延長線上に、ベートーヴェンの第九や
メンデルスゾーンの第二(讃歌)があると実感できた。

逆に150CDにはオペラは少なすぎて、別にオペラ全集が出たら買いたいくらい。
つかDVDで映像つきでみたい。
イギリスの民謡集は、最初は「かさ上げするんじゃねえよ」と思ったけど、
歌詞が英語なのが良かった。その勢いで、ハイドンのオリジナルの
歌唱集3枚(だっけ?)に突入できた。やはり、民謡の編曲モノとは気合いが違う。

自分はチェロ弾きなので、チェロ協奏曲だけはフニャフニャしてて
いまいちな演奏だと思ったけど(1番の第一主題のオケからして"違う"と思う)、
弦楽四重奏集も交響曲全集もピアノソナタもピアノトリオも、
それぞれ十分な演奏だと思った。
たとえば、弦楽四重奏集は全体的にアップテンポでキビキビした演奏なんだが、
最近生で聞いた後期作品のコンサートの演奏よりももっさり感が少なくて
好感が持てた。1万円程度でこれだけ聞けるんだから、文句は全て贅沢だよ。



ハイドン・エディション:ハイドン作品集(150枚組)ハイドン・エディション:ハイドン作品集(150枚組)
演奏者多数,ハイドン,アダム・フィッシャー,ネヴィル・マリナー,オーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団,アカデミー室内管弦楽団,エステルハージ・アンサンブル,アラン・ストリンガー(トランペット),ヘルマン・バウマン(ホルン)

Brilliant Classics
売り上げランキング : 428

Amazonで詳しく見る