2013年09月

シベリウス 作品別一覧

・作曲者一覧はこちら



クリックするとアーティスト別の一覧へ飛びます


・交響曲全集

シベリウス 交響曲全集 アーティスト別一覧

・作曲者一覧はこちら



交響曲全集全般


【北欧系指揮者による交響曲全集】

ベルグルンド

セーゲルスタム
サラステ
ヴァンスカ
オラモ
サカリ
ヴォルメル
インキネン
ブロムシュテット
N.ヤルヴィ
カム

【非北欧系指揮者による交響曲全集】
バルビローリ
C.デイヴィス

ギブソン

ラトル

コリンズ
渡邊暁雄
ザンデルリンク
アシュケナージ
バーンスタイン
マゼール
アブラヴァネル
ロジェストヴィンスキー
カラヤン

シベリウス 交響曲全集 カラヤン

・作曲者一覧はこちら



シベリウス総合スレッド part5
83 :名無しの笛の踊り 2007/03/08(木) 10:03:18 ID:AuZpr1Kn
2番の爆演てえとロジェヴェンしかないような気もする。
カラヤンは爆演という風ではないが、スケール感が大きい。
北欧系の指揮者はこういうクドい演奏はしないねw


291 :名無しの笛の踊り 2007/04/02(月) 15:10:58 ID:wIAxTIX9
>>289
カラヤンの後期(DG)はグレン・グールドも評価していました。
実際ほんとうに良いですからね。
なんか神秘的でいてベルリンフィルの技術的高さも感じられたりしてね。


517 :名無しの笛の踊り 2007/04/23(月) 00:28:53 ID:EH/nfVNz
>>516
カラヤンは後期のが素晴らしい。
前期のもカムだったと思うからとりあえず持っていても良いと思うし。


519 :名無しの笛の踊り 2007/04/23(月) 00:35:50 ID:AXgmgUmX
カラヤンとザンデルリンクは傾向はそこそこ似ていると思う。
当時のドイツサウンドらしい大規模で雄弁な演奏。
カラヤンの方が冷たく厳粛で、ザンデルリンクの方が暖かみを感じる

DGの録音と脂の乗ったBPOの演奏を思えば、とりあえずカラヤンというのがおすすめできる。
ただ、カラヤンは全集はないので、3番も含めて全集を聴きたいならザンデルリンク一択。

ザンデルリンク全集は価格の安さがウリですが、録音はあまり良くない。
ただし、2番7番だけはキングレコードからリマスタリング版が出ているし、一部SACDもある。



シベリウス総合スレッド part6
231 :名無しの笛の踊り 2007/10/04(木) 20:12:55 ID:sE3Hl2Lc
4番はちょっと前まではカラヤン=ベルリンフィルばっかり聴いていた。
個々の演奏者の力量が曲全体の仕上がりを大きく左右しかねない4番のような曲は、
ベルリンフィルあたりだと安心して聴ける。
カラヤンのすました、いや洗練されたスタイルも良い方に働いているように思う。

ちなみに、買ったけれどどうしても「怖くて」聴く勇気が起きないのが、
トスカニーニ=NBC交響楽団のシベ4。
2番ならまだしもトスカニーニで4番っていうのは……。
年内に聴けるだろうか……。


554 :名無しの笛の踊り 2007/12/21(金) 16:50:52 ID:4xamGhUU
BPOならレヴァインよりカラヤンを薦めたいな。
カラヤンのリズム感の薄いレガートな指揮とシベリウスの拍節感を
感じさせない旋律がマッチした面白い演奏だと思う。
他にシベリウスの演奏でオケに感心したのはブロムシュテット、
サンフランシスコ響とベルグルンド、ヨーロッパ室内管かな。

北欧のオケの質にケチをつけられたのが気に障るんだろうけど
他にいい演奏が無いわけじゃないんだからそういたものを紹介
すればいいと思う。



シベリウス総合スレッド part7
425 :名無しの笛の踊り 2008/09/08(月) 22:43:55 ID:TYLXa+Ho
ベルリンフィルの高い演奏能力が活きる4番とか、
祝祭的な華々しさと“気どり”がカラヤンっぽくていい5番なんかは、
今でも十分聴くに値すると思う。

6番、7番あたりは、カラヤン=BPO流のゴージャスさが
かえって邪魔に感じることがある。
1番なんかは、もっとパッショネートであってほしいかな。
あくまで個人的な感想ね。


427 :名無しの笛の踊り 2008/09/09(火) 00:13:11 ID:Lbn4PcUq
>>425
ゴージャスさの理由としては、7のトロンボーンソロをテュッティでやらせてる等がある。

個人的には認められないけどな。


428 :名無しの笛の踊り 2008/09/09(火) 00:57:17 ID:3r+MDE1X
カラヤンの7個人的には好きだけどな
ベルリンフィルの大音量がいい効果を挙げている



シベリウス:交響曲・管弦楽曲集シベリウス:交響曲・管弦楽曲集

カラヤン(ヘルベルト・フォン),シベリウス,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団,

フィルハーモニア管弦楽団,シュテンプニク(ゲルハルト)


EMIミュージック・ジャパン
売り上げランキング : 10104

Amazonで詳しく見る

シベリウス 交響曲全集 ロジェストヴェンスキー

・作曲者一覧はこちら



シベリウス総合スレッド part5
269 :名無しの笛の踊り 2007/03/29(木) 23:12:58 ID:kDHnLglR
ロジェストヴェンのsym2番凄いね。
コリンズ(これも好き)聞いた後では
同じ曲とは思えないよ。オラモは少し
おとなしいけど、いい演奏だね。


300 :名無しの笛の踊り 2007/04/03(火) 11:06:22 ID:iLsoTcAc
ロジェヴェン良いんだけど音が悪すぎるわ


301 :名無しの笛の踊り 2007/04/03(火) 19:29:55 ID:EmR4lcDb BE:186767982-2BP(77)
>>300
メロディアの60~70年代の録音に音質を期待する方が・・・


393 :名無しの笛の踊り 2007/04/18(水) 17:19:27 ID:wTKYhr5+
ロジェストヴェンスキーのシベリウスを聴いています。
豪快ですがなかなかいいですね、これ。


394 :名無しの笛の踊り 2007/04/18(水) 18:39:56 ID:8pW0YoK6
>>393
ほとばしり出る情熱!好きだよ俺も。
録音良ければ言うこと無い。


395 :名無しの笛の踊り 2007/04/18(水) 19:12:36 ID:H10mdWJP
>>393
分厚いだろ。ごついよな、音。
sym2の第二楽章って、普通は枯れ枯れなんだけど、ごっついよなw

おまけについているバイオリン協奏曲のオイストラフの演奏のほうも
最強。



396 :名無しの笛の踊り 2007/04/18(水) 19:42:42 ID:wTKYhr5+
ヴァイオリン協奏曲と1~7番までを一気に聴きました。
もうお腹一杯って感じです(笑)

オイストラフの演奏、いいですね。
有名どころなので、今まであえて避けていたのですが
今もう一度聴き直しています。

録音、そんなに悪いですかね?
私はさほど気になりませんでしたが…。


397 :名無しの笛の踊り 2007/04/18(水) 22:42:52 ID:yNPBP7kb
さすがに今の時代の録音力と比較するのは酷だろう。
ロジェヴェンは十分合格ラインだと思うなあ。
演奏された時代の空気みたいなものも感じられそうだし(実際は妄想だけど)



シベリウス総合スレッド part6
610 :名無しの笛の踊り 2007/12/24(月) 12:01:21 ID:tpT8LYkV
600です
色々な方のご意見、興味深く拝見しております。

俺個人としての順位付けは、

7>5>6>3>1>>>2>>>>4

といったところですw


本日、ロジェストヴェンスキーのシベリウス全集が犬から届きます。
かなり楽しみだったりします( ̄ー ̄)ニヤリ


611 :名無しの笛の踊り 2007/12/24(月) 12:19:35 ID:lsT9qX9t
>>610
レポよろしくね

そういやあ、俺が最初に聴いた2番はゲンナジさんのメロディア盤だったなあ。
かれこれ40年位前のことだ。薄暗い感じが良かった覚えがある。


630 :∀ラスカル ◆xMeN8RBOyI 2007/12/27(木) 09:46:50 ID:DmhUbMJh
>>611
ロジェヴェン先生のシベリウスが届きましたw
まあ、まだまだ仕事なのであまり聴いてはいませんが、聴いたものにだけ感想を…

①ヴァイオリン・コンチェルト:Vn.オイストラフ
   どういうマイクポジションだったのか分かりませんが、かなりヴァイオリンの音がオンに聴こます。
   それが、オイストラフの骨太な演奏と相まって、著しい効果を上げています。
   ヴァイオリンの奏でるメロディが、物凄く説得力ありげに響きます。 
  ロジェヴェン先生はナイスサポートと云う感じですが、オイストラフの向こうを張ってかなり打楽器と管楽器を強奏させています。


631 :名無しの笛の踊り 2007/12/27(木) 09:47:23 ID:DmhUbMJh
>>611
②交響曲第1番
   これまたどういうマイクポジションだったのか分かりませんが、普通の演奏だったら聞こえないパート、
   具体的にはハープやトライアングルの音がはっきりと聞こえてきてかなり興味深いです。
   演奏はシベリウスと云うよりもチャイコフスキー風。
   金管楽器はブリブリ響き渡り、打楽器はこれでもかと云うくらい強奏されます。
   第2楽章の結部であそこまで手に汗握らされた演奏を、少なくとも僕は知りません…
③交響曲第5番
   大爆発、いや大爆演w
   もともと楽曲の持っている祝祭的な雰囲気を強調するためなのかどうかは定かではありませんが、
   木管も含むすべての管楽パート、そしてティンパニが大活躍いたしますw
   仔細に聴いていると金管楽器に細かいパッセージを吹きとばしたりしている個所や、   
   第3楽章最後の和音連打の一打目のアインザッツが揃っていないなど突っ込みどころは満載ですが、
   そんなことが瑣末に感じられるほどの演奏です。


632 :名無しの笛の踊り 2007/12/27(木) 09:47:45 ID:DmhUbMJh
>>611

全体として云えることは、60年代末から70年代にかけての録音ですが、鑑賞に支障が出るほどの録音上の傷はありません。
また、犬のレビューで『金管楽器の録音が強調されすぎていてウザい』と云う旨の評がありましたが、
アレは録音上のそれではなくロジェヴェン先生の仕様ですwww
初めてシベリウスの交響曲全集を買おうかと云う人には絶対に勧められませんが、
ある程度聴きこんだ方にとってはとても面白い演奏であることは間違いありません。
もっとも、先生の演奏様式を許容できるかどうかは別問題ですが…w

もしご要望があれば、思い出した時にでも続きを書きます。
お粗末さまでした。



Sibelius: The Complete SymphoniesSibelius: The Complete Symphonies
J. Sibelius,Rozhdestvensky

Melodiya
売り上げランキング : 36893

Amazonで詳しく見る

シベリウス 交響曲全集 マゼール

・作曲者一覧はこちら



シベリウス総合スレッド part5
626 :名無しの笛の踊り 2007/05/14(月) 20:32:38 ID:185LRqFl
6番を初めて聴いたのがマゼール/ウィーンだったのな。
おかげであの超高速の第3楽章が普通だとしばらく思ってた。


627 :名無しさん@お腹いっぱい 2007/05/14(月) 23:17:28 ID:EvafpXtM
触発されてマゼール・VPOのシベ5聴いてる。
冒頭から笑いが止まらんw
いや、ロリンは奇才だわ。

にしてもVPOは北欧オケが自然にやってのけるバックのトレモロが下手ね。



シベリウス総合スレッド part6
903 :名無しの笛の踊り 2008/02/15(金) 19:10:07 ID:FFHdRbqu
マゼールはピッツバーグ盤はどう?


904 :名無しの笛の踊り 2008/02/15(金) 20:04:29 ID:LjDineuS
ウィーンフィルの演奏は大好きだけど、ピッツバーグは嫌いだな。
どんなところが?と言われても困るが。


906 :名無しの笛の踊り 2008/02/15(金) 22:16:04 ID:ahTX8UiU
マゼールの2種でいえば
変態チックなことをやりまくっても堂に入ってるVPO盤にくらべて
横綱相撲的にどっしりしたピッツバーグ盤は、いいんだけどなんか物足りない。



シベリウス総合スレッド part7
687 :名無しの笛の踊り 2008/12/01(月) 01:00:54 ID:rHQhZZ5Q
年がら年中シベリウスの交響曲を聞いているが、寒くなってくるこの時期になると全集購入意欲が湧いてくるね。
先日、マゼール/VPO盤を購入して聴いて見たが、60年代当時のVPOの響きが『木質』のような感じがして、
とても暖かみのある演奏だった。
巷間言われている4番以後の後期作品のみならず、1番から3番までも良い演奏だと感じた。
録音も最上級だし、言うことは無かった。

さて、年内にもう一組くらい全集を購入するつもりなんだけど、誰のがいいかな?
ベルグルンドのEMIボックスかセーゲルスタムの新旧録音のいずれかを検討しているんだけど、
どれがいいかな?

当方、バルビローリでシベリウスの筆おろしをしてラトルの全集を愛聴、ロジェヴェンのいかれた全集と
上記のマゼール盤を所有しております。



シベリウス総合スレッド part8
486 :名無しの笛の踊り 2010/10/09(土) 20:04:28 ID:z4X+KhiT
マゼール指揮 VPO
シベリウス交響曲全集をブックオフで
950円で購入。早速聴いてます。満足ですね(笑)
マゼールのシベリウスなんて考えもし無かったので、意外でした。
皆さんご存知でしたか?


487 :名無しの笛の踊り 2010/10/09(土) 20:41:13 ID:BhWKDUkT
>>486
知る人ぞ知る隠れた名盤のはずでつ
若きマゼールとVPOとの演奏は評価いいはず
評論家の吉井亜彦さんもこの頃のマゼール演奏(60年代)は
他の作曲家作品も含めて評価いいよ


490 :名無しの笛の踊り 2010/10/11(月) 22:33:33 ID:QMXiu32n
>>486
この頃のWPhは、BPOやアメリカのオーケストラによるレパートリーの拡充、
中でもマーラー以後の非ドイツ系のレパートリーの決定的な欠落に強い危機感を抱いていた。
そこで、当時新進気鋭のマゼールにシベリウスとチャイコフスキーの全曲録音を依頼した。

こうした経緯があるので、WPhのこのシベリウス録音にかなり気合が入っているのは、むしろ当然。

演奏の特質としては、北欧系のオケの様に透明感という名の神経質な細い音による演奏でもなく、
かと言って、バルビローリやオーマンディの様ににやたらと熱い演奏でもなく、
木質な肌触りのある、独特な音色が魅力だよね。
6番の第一楽章や最終楽章冒頭の弦の美しさには、身悶えするほど美しいね。



Symphonies 1-7Symphonies 1-7
Vienna Philharmonic Orchestra,Jean Sibelius,Lorin Maazel

Decca
売り上げランキング : 12871

Amazonで詳しく見る

スポンサードリンク
アクセス解析
QLOOKアクセス解析
  • ライブドアブログ